【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比3円39銭円安ドル高の1ドル=107円98銭~108円08銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1112~22ドル、119円85~95銭。

 米長期金利の上昇を受けてドル買い円売りが優勢となった。コロナウイルス感染症を巡るトランプ米大統領の国家非常事態宣言もリスク回避姿勢の後退につながった。