【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日比1985・00ドル高の2万3185・62ドルと急反発して終えた。上げ幅は過去最大。トランプ米大統領が国家非常事態を宣言したことで、新型コロナウイルス感染症対策の進展期待が高まり買いが膨らんだ。

 週間では、2600ドル余り下落。前日に1987年の「ブラックマンデー」以来の大暴落となるなど、5日続けて1000ドルを超えて乱高下した。欧州から米国への入国制限が決まり、学校閉鎖や大規模な催しの中止も広がっている。経済活動の急激な収縮は不可避で、相場の底入れは見通せない。