ジャパンディスプレイ(JDI)は13日、独立系投資顧問会社いちごアセットマネジメントから最大100億円の追加支援を受けることで基本合意したと発表した。いちごアセットからの資金調達は最大で計1108億円となる。新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が悪化しており、JDIの菊岡稔社長はインターネットを通じた記者会見で「資金繰りに万全を確保する」と述べた。

 25日の臨時株主総会で決めるいちごアセットに対する504億円の新株予約権割り当てを、計604億円の金融支援に切り替え、6月下旬の定時株主総会で決議する。