胎児期や幼少期のメチル水銀被害を訴える「水俣病被害者互助会」の未認定患者8人が、国と熊本県、原因企業チッソに計約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は13日、3人を患者と認めた一審熊本地裁判決を取り消し、全員が水俣病ではないとして請求を棄却した。

 西井和徒裁判長は、患者認定の国基準を踏襲し、同居していた家族の状況や、症状が水俣病由来のものかを検討。8人のうち6人は家族に認定患者がいないことなどから、胎児・幼少期に多くのメチル水銀を摂取したとは言えないと判断した。

 原告弁護団は判決後「議論や判例の積み上げを無視したひどい判決だ」と批判した。