【ワシントン共同】11月の米大統領選に向けた民主党候補指名争いは10日、6州の予備選・党員集会のうち最も重要視された中西部ミシガンなど4州で中道バイデン前副大統領(77)が勝利し、指名獲得へ大きく前進した。17日に予定される大票田・南部フロリダ州など4州でも優勢で、民主党内では左派サンダース上院議員(78)の撤退論が浮上している。

 バイデン氏は10日夜、ミシガン州勝利を受けて報道陣を前に「われわれは民主党の支持基盤を再構築している」と力強く語った。

 バイデン氏はほかに南部ミシシッピ、中西部ミズーリ、西部アイダホでも勝利した。