事情聴取中に中学1年の男子生徒(13)を殴ったとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われた和歌山県警元巡査長の山本紹平被告(32)に和歌山地裁(小坂茂之裁判官)は11日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 公判で被告は起訴内容を認めている。

 起訴状などによると、昨年7月24日午後、器物損壊事件に関連して県内に住む生徒を事情聴取していたが、生徒の態度に腹を立て、捜査車両内で複数回、頬を平手打ちしたとしている。被告は昨年12月、書類送検され、依願退職した。