【ジュネーブ共同】新型コロナウイルス感染症による死者が、中国湖北省武漢市で初めて確認されてから11日で2カ月となった。この間、感染は中国をはじめ世界五大陸の113カ国・地域に広がり、死者は4千人を超えた。

 新規感染者は中国で抑制気味になる一方、各国では急増。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は10日、米国で累計1004人に達したと報じた。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は「パンデミック(世界的大流行)の脅威が現実味を帯びてきた」と言及。渡航制限や外出・集会の禁止や自粛が行われ、日常生活への影響は広がるばかりだ。