【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩朝鮮労働党委員長が9日、軍の火力打撃訓練を再び指導し、訓練の「実戦化」を指示したと報じた。北朝鮮は9日、東部宣徳付近から日本海に向けて複数の飛翔体を発射。河野太郎防衛相は10日の記者会見で、少なくとも短距離弾道ミサイル2発が含まれていたとの分析を明らかにした。

 相次ぐミサイル発射は米韓けん制や実戦能力向上に加え、新型コロナウイルス流入や国境封鎖による経済難の深刻化に備えて体制を引き締める狙いもうかがえる。