【香港共同】香港の港で足止めされていたクルーズ船「ワールドドリーム」の新型コロナウイルス感染についての検疫が9日終了し、日本人数人を含む乗客乗員約3600人全員が下船した。香港メディアが報じた。一方、香港の感染者は3人増え、29人となった。

 報道によると、衛生当局は乗員約1800人全員が感染していないことを確認した。同船は、1月のツアーの中国人乗客8人が下船後、感染を確認されていた。

 乗客約1800人は2月2日からのツアーに参加しており、感染者と同じツアーに参加した人はいなかった。乗員に対する検査終了で問題なしと判断したとみられる。