【ワシントン共同】米大リーグ、ドジャースの前田健太投手が絡む3球団の大型トレードで、前田の獲得を目指していたツインズが撤退する可能性が高まったと8日、メジャー公式サイトが伝えた。

 前田の交換要員であるベネズエラ出身の21歳の投手グラテオルの身体検査で、最終的な移籍先のレッドソックスが先発に向かないと問題視し、ツインズが追加要員を求められたためという。一方でツインズは先発強化が課題で、別の形のトレードで前田獲得を模索する可能性があるとした。

 今回のトレードは4日にメジャー公式サイトや複数の米メディアが報じたもの。