新型コロナウイルス感染が拡大する中国・武漢市からチャーター機で帰国した邦人が滞在する勝浦ホテル三日月(千葉県勝浦市)の目の前にある浜辺で、8日朝に「まけるな!あと少し!」とエールを送る大きな砂文字が確認された。ホテルにいる日本政府職員によると、市民による激励メッセージとみられる。帰国者はホテルの部屋の窓に「応援ありがとう!!」と書いた紙を張り、感謝を伝えた。

 内閣官房の山口英樹内閣審議官らによると、ホテル従業員が砂浜の文字に気付き、ホテルの館内放送で紹介した。帰国者らは「うれしい」と話したり、浜辺を散歩する市民に手を振ったりする人もいたという。