茂木敏充外相は8日、英国のラーブ外相と東京都内の飯倉公館で戦略対話を開いた。英国のEU離脱で新たに必要となる経済協定について、できるだけ早期の交渉開始と妥結を目指すことで一致した。両氏は安全保障などあらゆる面で連携強化していくことを再確認し、外務・防衛閣僚協議の早期開催を調整することも申し合わせた。EU離脱後、両国の外相が会談するのは初めて。

 1月末にEUを離れた英国は、経済や社会の激変緩和のため今年末までの移行期間に入っている。ラーブ氏は会談後の共同記者発表で「新たな貿易関係を形成するチャンスが到来した。日本企業の投資を大事に思っている」と語った。