国際パラリンピック委員会(IPC)は7日、東京パラリンピックが開幕する8月25日から9月下旬まで約1カ月間、東京・日本橋の商業施設「コレド室町テラス」で、パラリンピックのミュージアムを開設すると発表した。IPCが公式のミュージアムを手掛けるのは初めて。

 大会の原点となった1948年に英国で行われた傷痍軍人のスポーツ大会から、60年の第1回ローマ大会を経て、現在に至るまでの歴史や選手の進化を、実際に使用された用具などを展示して紹介する。

 IPCのパーソンズ会長は「パラリンピックの規模が拡大し続けている中、進化の歴史を記録することが重要だ」とコメントした。