ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗(岩手・大船渡高)が剛球を披露した。今キャンプで初めてブルペン捕手を相手にキャッチボールを行い、前里ブルペン捕手は「いいボール。回転が素晴らしい。145キロは超えていたんじゃないか」と驚きの表情を浮かべた。

 マウンドからはまだ投げておらず、吉井投手コーチの指導の下、少しずつ投げる球の強度を上げている。最速163キロを誇る佐々木朗は「順調にここまできて、とてもいい状態にあるかなと思う。投げていてとても気持ち良かった」と手応えを口にした。(石垣)