児童虐待防止対策を検討していた法務省のプロジェクトチーム(PT)は7日、児童相談所を法的側面などから支援する対策プランを発表した。人手が不足する児相の負担を軽減するのが狙いで、森雅子法相は記者会見で「法務省が有するノウハウを最大限活用して児相に協力し、虐待根絶に尽力したい」と語った。

 児童の保護や保護者との面談でトラブルがあった時に法的アドバイスができるよう、法務局や地検など全国の関係機関に児相向けの相談窓口を今春にも設置する。