【ニューヨーク共同】米大リーグ、ドジャースの前田健太投手が絡む3球団の大型トレードは交換要員であるツインズのブラスダー・グラテオル投手の身体検査の問題のため、発表できない状態になっていると6日、スポーツ専門サイト「アスレチック」が伝えた。

 同サイトは、トレード自体は成立する見通しを示した一方で、当初の形ではなくなる可能性に言及した。

 グラテオルはドジャースがいったんツインズから獲得した後、レッドソックスに譲渡するとされていた。身体検査の結果を受け、レッドソックスは移籍市場で先発投手より価値が低い救援投手と判断、追加要員か金銭を求める可能性があるという。