大阪府寝屋川市の自宅のプレハブ部屋に長女を約10年間監禁、放置し衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死と監禁の罪に問われた父親柿元泰孝被告(57)と、母親由加里被告(55)の裁判員裁判初公判が7日、大阪地裁(野口卓志裁判長)で開かれた。両被告は「監禁のつもりはなかった。命にかかわる危険があるとは思いもしなかった」と起訴内容を否認した。

 検察側は冒頭陳述で「幼少期から長女愛里さん=死亡当時(33)=に愛情を抱けなかった両被告が、同じ家に住みたくないと思い、プレハブに入れた」と主張した。