秋篠宮家の次女佳子さまは7日、東京・六本木の国立新美術館を訪れ、「ブダペスト ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展を鑑賞された。

 同展は日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーが所蔵する絵画や彫刻などを展示。佳子さまは学芸員の説明を聴きながら見て回り、ハンガリーの「モナリザ」と呼ばれる絵画「紫のドレスの婦人」の前では、「きれいな色。あざやかですね」と話していた。

 佳子さまは昨年9月、150周年に当たって同国を訪問している。同展は3月16日まで。