厚生労働省は7日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染問題で、新たに乗客41人の感染を確認したと発表した。有症者ら273人を対象としたウイルス検査の結果、感染者は計61人となった。船内で感染が急拡大したことが明らかになった。中国・武漢から邦人らを退避させる日本政府のチャーター機第4便は7日、武漢から羽田空港に到着した。

 41人のうち21人が日本国籍で、米国8人、オーストラリア5人、カナダ5人、アルゼンチン1人、英国1人。年代は20~40代が3人、50代が3人、60代が8人、70代が21人、80代6人で、重症者はいない。