【北京、ジュネーブ共同】中国政府は7日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が中国本土で3万1161人になり、死者は636人に増えたと発表した。習近平指導部は新型肺炎の制圧に向けた対策を強化しているが、感染拡大が止まっていない。

 世界保健機関(WHO)は6日、「依然として大規模なウイルス感染のさなかにある」と指摘。感染拡大がピークを越したとは見なせず、楽観視できる状況には全くないと深刻な懸念を示した。

 中国本土で6日に新たな感染者が3143人確認され、死者も73人増えた。最も感染者が多い湖北省で死者が69人、感染者が2447人増えた。