名古屋市港区の倉庫で2018年10月、覚醒剤約340キロを所持したとして覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の罪に問われた倉庫の借り主で中国籍のフー・ナイクン被告(51)の控訴審判決で、名古屋高裁は6日、無罪とした一審名古屋地裁判決を破棄、懲役7年、罰金350万円を言い渡した。弁護側は上告する方針。

 台湾から輸入、倉庫に搬入されたタイヤホイールに覚醒剤が隠されていた。一審判決は「薬物を扱った認識があったか合理的な疑問が残る」と判断した。

 名古屋高裁の堀内満裁判長は「ホイールを隠れみのとした違法な物品の輸入と予見するのは十分可能」とした。