東京地裁は6日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄と外為法違反の罪で起訴された中国企業「500ドットコム」の元顧問紺野昌彦被告(48)の保釈を認める決定をした。保証金は計600万円。

 紺野被告は「500」社の元副社長鄭希被告(37)=贈賄などの罪で起訴=らと共謀し、2017年9月に衆院議員秋元司被告(48)=収賄罪で起訴=に現金300万円を渡すなど、計約760万円相当の賄賂を渡したほか、無届けで現金1500万円を海外から日本に持ち込んだとして起訴された。