沖縄県の玉城デニー知事は6日、首里城(那覇市)の火災を巡り、国内外から集まった寄付金を、全焼した正殿など城郭内の施設再建に充てる意向を初めて表明した。今後、城郭内を所有する国と協議を進める。那覇市の城間幹子市長との非公開の会談で合意し、記者団に明らかにした。

 県への寄付金は10億円以上に、那覇市へは13億6千万円以上に上っている。那覇市は寄付金を県に託す方針。県はそれぞれの寄付金を集約するため、基金を創設するための条例制定を目指している。

 玉城氏は「首里城の復旧・復興に当たっては、県民主体で取り組んでほしいというのが、寄付を託された方の思いだ」と述べた。