関西の企業トップが一堂に会し、経営課題や企業戦略を討議する「関西財界セミナー」が6日、京都市の国立京都国際会館で開幕した。2025年大阪・関西万博や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を関西の持続的な成長につなげる方策を議論する。

 主催者の関西経済同友会の池田博之代表幹事は開会あいさつで「万博開催まで、生涯スポーツの世界大会やIR事業者の決定も控える。世界から周回遅れの日本が挽回する最後のチャンスだ」と危機感を表明。関西経済連合会の松本正義会長は「力を結集して『ワン関西』で取り組もう」と活発な議論を求めた。