奈良県警機動隊の20代男性巡査長が庁舎内の女子トイレで盗撮したとして、県警が県迷惑防止条例違反(盗撮)などの疑いで任意で事情聴取していることが6日、捜査関係者への取材で分かった。撮影したことを認めており、県警は今後、書類送検する方針。

 捜査関係者によると、巡査長は1月25日午後、県警本部第2庁舎の女子トイレに侵入し、個室の床の隙間にスマートフォンを差し入れ、女性警察官を動画で撮影した疑いがある。女性がスマホに気が付いた。盗撮したとみられる動画がスマホ内に複数見つかったという。

 逃亡や証拠隠滅の恐れがないとして逮捕はしなかった。監察課が処分を検討中。