生後1カ月の次女に暴行を加えて骨折させたとして、大阪府警は5日、傷害容疑で堺市北区の無職の父親(33)を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月27日午前11時50分ごろから29日午前11時35分ごろまでの間に、当時生後1カ月だった次女の左腕をねじり、全治3週間の骨折をさせた疑い。「次女の腕にどこまで可動域があるか気になってねじった」と容疑を認めている。

 男は妻と娘2人の4人暮らし。29日に妻が次女を医療機関に連れて行き、医療機関が児童相談所に連絡して発覚した。

 捜査1課によると、次女は両脚も骨折しており、詳しい経緯を調べる。