【北京共同】北京市当局は5日、飲食業者らに対し、グループで会食したり、グループ客に場所を提供したりすることを禁止する通知を出したと明らかにした。既に受けた予約は連絡を取り、速やかに取り消すか延期するよう求めている。新型肺炎の感染拡大を食い止めるための措置。

 同市の農村部でも祝日や誕生日などを祝う宴席を催してはならないとした。飲食業の従業員や経営者、消費者に対し「感染拡大防止の任務は緊迫しており、グループの会食には肺炎を拡散する危険性があることをはっきりと認識する」よう要求。北京では臨時休業を決めるレストランも出た。