酔いつぶれた女性に性的暴行を加えたとして準強姦罪に問われた会社役員椎屋安彦被告(44)の控訴審判決で、福岡高裁(鬼沢友直裁判長)は5日、一審福岡地裁久留米支部の無罪判決を破棄し、求刑通り懲役4年を言い渡した。一審判決に批判が高まり、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」などの運動が広がるきっかけの一つになっていた。

 一審は「被告は女性に意識があると思い、同意していると誤信した」と認定。高裁は「一時的に意識があるかのような反応があっても、直ちに酩酊から覚めつつあるとは言えない」と指摘。「抗拒不能状態を認識していたと当然推認できる」とし一審判決は不合理だとした。