サッカー女子のプレナスなでしこリーグのノジマステラ神奈川相模原は5日、昨季限りで退団した元日本代表FW大野忍(36)が現役引退すると発表した。日本代表「なでしこジャパン」の一員として2011年女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会優勝や12年ロンドン五輪銀メダル獲得などに貢献した。12日に記者会見する。

 代表として通算139試合に出場して40得点。なでしこリーグでは歴代最多の182得点をマークした。

 クラブを通じ「1999年からプロ選手として、たくさんの方々にお世話になった。今後は指導者という立場でサッカー界に貢献していこうと思う」と談話を出した。