安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、「桜を見る会」への自身の議員事務所による推薦を巡り、昭恵首相夫人の要望を受けても首相が反映させなかった例があったと明らかにした。具体的にどんな人物を認めなかったかについては「個人のプライバシーに関わる」と説明を拒否した。

 首相は昭恵氏の要望に関し「『ああ、そうだな』という時もあれば、『それはどうなんだろう』ということも当然ある」と述べた。立憲民主党の大串博志氏への答弁。

 衆院予算委は2020年度予算案に関する3日目の基本的質疑を実施した。3日から続いた基本的質疑は5日で終わる。