相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判第10回公判が5日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。犠牲者の女性=当時(60)=の弟が被告人質問し、「なぜ殺さなければならなかったのか」と尋ねた。被告は「社会の役に立つと思ったから」と答えた。一方で、謝罪の言葉も繰り返した。

 現在の心境を「遺族の方と話すのは心苦しい」と述べ、犠牲者への謝罪を口にしたものの、遺族から「コンプレックスが動機では」と問われると「できることでは一番有意義と思う」と話した。