【ニューヨーク共同】米大リーグ、アストロズは3日、不正なサイン盗み問題に絡んで解任したジェフ・ルノー・ゼネラルマネジャー(GM)の後任に、2017年から3年間、レイズの編成部門の幹部を務めたジェームズ・クリック氏が就任すると発表した。

 アストロズはワールドシリーズを初制覇した17年から18年途中までビデオカメラで相手捕手のサインをのぞき見て、ベンチ脇のごみ箱をたたくなどして球種を打者に伝達していた。

 大リーグ機構は1月に調査結果を公表するとともに、ルノー前GMとA・J・ヒンチ監督に今季終了までの職務停止処分を科すと発表。球団はこれを受け、2人を解任した。