愛知県海部福祉相談センター(同県津島市)の職員が警察から引き渡しを受けた身元不明の70代男性を管轄区域外の公園に連れて行き、深夜に置き去りにしていたことが4日、県などへの取材で分かった。男性はその後保護されたが、脳梗塞の疑いがあり、現在入院しているという。

 県や県警によると、同県大治町で1月17日夕、キャッシュカードを持たずに現金自動預払機(ATM)の操作をしていた男性を津島署員が保護。会話や意思疎通ができない状態だったため、署員がセンター職員に引き渡した。