日本将棋連盟は3日、2019年の獲得賞金・対局料ランキングを発表し、高校生棋士の藤井聡太七段(17)が2108万円で9位となり、初めてベスト10に入った。竜王、名人を保持する豊島将之二冠(29)は7157万円で初の1位となった。

 藤井七段は全棋士参加の朝日杯オープン戦で2連覇したほか、王将リーグなどでも活躍した。豊島二冠は王位、棋聖を失冠したが、一時は名人を含む三冠を保持していた。

 2位は広瀬章人八段(33)の6984万円、3位は渡辺明三冠(35)で6514万円。前年1位の羽生善治九段(49)は5位だった。

 女流棋士は里見香奈四冠(27)が1位となった。