新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、厚生労働省は3日までに、保育所や高齢者施設、障害者施設などに対し、手洗いといった予防策の励行や、中国湖北省からの帰国者がいる場合の対応を周知するよう、都道府県などへ通知した。

 通知ではインフルエンザなどと同様にマスク着用や手洗い、アルコール消毒により感染経路を断つことが重要だとした。

 おおむね2週間以内に湖北省から帰国した子どもや施設職員などがいる場合は(1)発熱や呼吸器症状が出た際は、他人との接触を避け保健所に連絡する(2)症状が無くても2週間は外出や登園を控え、健康状態を観察する―など対応をするよう求めている。