滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外して殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の再審初公判が3日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれた。罪状認否で西山さんは「患者を殺していない」と無罪を主張した。

 検察側は新たな証拠による有罪立証をしない方針で、無罪の公算が大きい。

 初公判では検察側と弁護側の冒頭陳述や、被告人質問などを実施。「殺人ではなく自然死だ」とする弁護側の無罪主張に対し、検察側は反論しない見通し。再審公判は10日に結審し、判決は3月31日の予定。