【ベイルート共同】イラクのサレハ大統領は1日、新首相候補にムハンマド・アラウィ元通信相を指名、組閣を命じた。国営通信が伝えた。アラウィ氏は30日以内の組閣を目指すが、政治勢力間の争いが続くとみられ、政権樹立には難航が予想される。

 昨年11月、反政府デモの混乱を受けてアブドルマハディ首相が辞意を表明。後任が決まるまで暫定首相を務めている。アラウィ氏は1日、動画を公開し、国民に協力を呼び掛ける一方、閣僚人事で各勢力から圧力を受けた場合は首相候補を辞退すると述べた。

 ロイター通信によると、バグダッドなどでは同氏指名直後からデモ隊が集結し、反対を表明した。