【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)幹部は14日、新型コロナウイルスによる肺炎に関する電話会見で、横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について「日本からのデータは船内の人々の(感染)リスクがより高いことを示唆しており心配だ」と述べた。

 幹部は「船内の米国人の安全が最も重要だ」とし、国務省や在日米国大使館などと協力し、米国人乗客らへの今後の対応を検討していると説明した。