お茶の水女子大付属中(東京都文京区)に通う秋篠宮家の長男悠仁さま(13)の机に刃物が置かれた事件で、建造物侵入と銃刀法違反などの罪に問われた京都市西京区、無職長谷川薫被告(57)に東京地裁は14日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由で楡井英夫裁判長は「皇族制度に対する独自の関心について、自分の行為を誇示して世間に注目されたいという独り善がりの考えから犯行に及んだ」と指摘。

 「学校関係者に与えた不安感は甚だしく、社会的影響は大きい」とする一方、反省していることから執行猶予を付けることが相当だと述べた。