江藤拓農相は14日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎拡大により、ニンジンやネギ、タマネギといった中国産野菜の輸入が最大で約1週間遅れていると明らかにした。外食産業の食材調達などへの影響が懸念されるとして「注意していきたい」と述べた。

 江藤氏は、中国の野菜加工施設などで、出荷に向けた作業をするための人手が不足していると説明し「(日本国内の)外食や加工業への影響が心配されている」と指摘。ただ、現状では「国産が潤沢に出回っており、価格的に大きな影響は出ていない」と説明した。

 対策として「国内の生産基盤をしっかり強化することが大切だ」と強調した。