覚せい剤取締法違反などの疑いでシンガー・ソングライター槙原敬之(本名・範之)容疑者(50)が逮捕された事件で、2018年春に住んでいた東京都港区のマンションの自室から違法薬物と吸引用とみられるガラス製のパイプが発見されていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁組織犯罪対策5課が経緯を調べている。

 槙原容疑者は当時、所属していた芸能事務所関係者の男性(43)と同居。男性は、槙原容疑者の逮捕容疑と同時期にこのマンションで覚醒剤を所持していたなどとして18年6月に有罪判決を受けていた。組対5課は槙原容疑者の関与についても捜査を進めていた。