サッポロHDは13日、子会社のサッポロビールで10年以上勤めた45歳以上の正社員を対象に、早期退職を募集すると発表した。特別退職金を上乗せするほか、再就職を支援する。募集人数は定めない。適正な人材配置で、ビール事業や海外展開を強化するなどした新経営計画の目標達成が狙い。

 同社が早期退職で特別退職金を上乗せして支給するのは初めて。4月1日~6月10日、10月1日~12月10日の2回に分けて申請期間を設ける。対象者は約900人。

 記者会見したサッポロHDの尾賀真城社長は人生設計が多様化していると指摘した上で「現行の支援制度を時限的に拡充した」と説明した。