日産自動車が13日発表した2019年10~12月期連結決算の純損益は260億円の赤字(前年同期は704億円の黒字)だった。同期間としてはリーマン・ショックのあった08年10~12月期以来、11年ぶりの赤字。米国や欧州を中心に販売が低迷した。内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は横浜市で開いた決算会見で追加リストラの検討を表明した。

 20年3月期業績予想を下方修正し、売上高を従来の10兆6千億円から10兆2千億円に、純利益を1100億円から650億円とした。20年3月期の世界販売台数の見通しも524万台から505万台に引き下げた。