DeNAのエース今永が初めて打撃投手を務め、順調な仕上がりを示した。直球は最速142キロながらも梶谷を差し込む威力があり、クイックモーションでもきっちりと低めに制球した。「(頭で)思ったような打者の反応もあり、自分としては良かった」とうなずいた。

 2年連続の開幕投手が期待されている。実戦登板はまだ先だが「自分でブレーキをかけながらも段階を踏んでプラン通りに来られている」と手応えを語った。(宜野湾)