【ロンドン共同】英政府は11日、イングランド地方の主要都市を南北に結ぶ高速鉄道計画「ハイスピード(HS)2」の建設を推し進めると発表した。インフラを充実し利便性を向上する考えだが、巨額の事業費の抑制が課題となる。同計画には日立製作所も参画を目指している。

 HS2はロンドンと英中部の南北五百数十キロをつなぐ計画だ。ロンドン~バーミンガム間の第1期は4月に着工する予定で、約10年後の営業開始を目指している。

 日立はカナダのボンバルディアと組み、第1期の車両受注を目指して応札した。