プロ野球南海(現ソフトバンク)で戦後初の三冠王を獲得して捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執り3度の日本一に輝いた野村克也(のむら・かつや)さんが11日午前3時半、虚血性心不全のため死去した。84歳。京都府出身。

 京都・峰山高から1954年にテスト生で南海入団。3年目に定位置を獲得すると強打の捕手として活躍し、65年に戦後初の三冠王に輝いた。70年から兼任監督を務め、73年にリーグ優勝した。「生涯一捕手」を貫いてロッテ、西武と渡り歩き80年に45歳で引退した。90年にヤクルトの監督に就任。4度のリーグ優勝、3度の日本一を達成した。