【ローマ共同】イタリアの有名ソプラノ歌手ミレッラ・フレーニさんが9日までにイタリア北部モデナの自宅で死去した。84歳だった。病気で長く療養生活を送っていたという。イタリアメディアが9日報じた。

 1935年、モデナ生まれ。10歳のときに国営ラジオ局の歌のコンテストで「蝶々夫人」のアリア「ある晴れた日に」を歌い注目を集めた。55年に地元の劇場で「カルメン」のミカエラ役でデビューした。

 ミラノの名門歌劇場スカラ座や、米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場などで歌い、日本でも公演を行った。89年に死去した世界的指揮者のカラヤンが高く評価したことでも知られる。