静岡県河津町で10日、「第30回河津桜まつり」が始まった。早咲きで知られる濃いピンク色の桜は町内の5会場で既に六分咲きの状態になっており、初日から多くの観光客や家族連れたちでにぎわった。

 メイン会場となる河津川では、河口の両岸から約4キロにわたって続く約850本が暖冬の影響もあり、例年より1週間ほど早く見頃を迎えた。10日はほぼ終日好天に恵まれ、100以上の露店が立ち並んだ。

 並木を散策した東京都の会社員日聖知哉さん(39)と妻紀子さん(34)は「祭りは知っていたが、想像していた以上にきれい」と話した。祭りは3月10日まで。