警察庁は10日、2019年の刑法犯認知件数の確定値を発表した。前年比6万8779件減の74万8559件で、戦後最少を更新した。人口千人当たりの認知件数も5・9件で最少となった。

 警察庁によると、「窃盗」が53万2565件で前年から4万9576件減ったことが大きな要因となった。うち、重要窃盗犯の「侵入盗」は5万7808件(前年比4937件減)、「自動車盗」は7143件(同1485件減)、「ひったくり」は1553件(同367件減)だった。

 重要犯罪でみると、前年より増えたのは「強制性交」の1405件(同98件増)と「殺人」の950件(同35件増)だった。