【ワシントン共同】米大統領選の民主党指名候補を目指すサンダース上院議員(78)の陣営関係者は9日、集計トラブルで大混乱に陥った指名争いの初戦、中西部アイオワ州党員集会の最終結果に対し再点検を申し立てる方針を示した。ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。

 最終結果には不正確な部分が含まれていると指摘されているが、民主党アイオワ州支部は9日、改めて見直したとする結果を公表。前インディアナ州サウスベンド市長ブティジェッジ氏(38)がトップで、サンダース氏が0・1ポイント差で2位となった。

 異議申し立てがあれば、全体の最終結果の確定が一層遅れる恐れがある。